豚バラまきアスパラ串焼き 巻き方

料理

 

 

こんにちは!めんこ君( @menkokun )です。

 

今日は、豚バラを巻いたアスパラの串刺しを作りました。

 

まな板に豚バラ肉を貼り付けるように、更にこの時 まな板に並行ではなく斜めに置くことも重要なポイント

 

「串焼き」なんて家で焼くと干乾びたようにしかならない!と思っていたのに、新しく新調した「ガスレンジ」で上手に焼けるようになりました。

 

脂が落ちるし、さっと焼けて乾燥しない。

 

仕事先だけでなく家でもこのプロ技を活かせることが出来るなんて

 

 

 

 

 

今日はいつもより忙しいはずなのにちょっと手が込んだものを作ってしまいました。

 

相変わらず写真は上手くないですが、焼き鳥屋さんで食べるあのアスパラ串が自分の家で簡単に出来てしまうので、作り方をご紹介します。

 

 

[aside type=”boader”]

材料と分量

  • アスパラガス   8本
  • 豚バラ肉     8枚~
  • お好みの塩コショウ  刺し終わったアスパラ串に強めに振ります

[/aside]

 

[aside type=”boader”]

作り方のコツ

  • ガスレンジの魚焼きグリルで焼くこと  

    短時間でさっと焼けて、焼き上がる頃に乾燥してしまった!が防げます。

  • アスパラガスに豚バラ肉を巻くときに、まな板に斜めに豚バラを貼り付けるようにすること。

[/aside]

 

 

 

まず、アスパラガスの固いところを切り落とします。

 

 

 

 

ピーラーで皮をむきます。

 

 

 

 

塩を小さじ1杯入れた熱湯で2分弱茹でて氷水に晒します。

 

今は氷を使わないのでただの水なんだけど。

 

一般的なフライパンのサイズは26~28センチ?

 

アスパラガスの方が長い場合もあり はみ出してしまうので今回は直径32センチのフライパンを使いました。

 

大きいフライパン一個持っとくと便利かもしれません。

 

 

 

 

ザルに上げたところのアスパラガスの写真を撮るのを忘れました💦

 

ザルに上げて水が切れたら、キッチンペーパーで包んでおくと尚良いです。

 

まな板に豚バラ肉を斜めに置いて、ペタペタ貼り付けます。

 

こうすることによって、豚バラ肉がまな板にぴったり張り付いてアスパラガスが巻きやすいです。

 

アスパラガスを向こう側に転がしながら巻き付けていきます。

 

バラ肉を引っ張りながら巻いていくとピッチリ巻けます。

 

 

 

 

 

豚バラ肉は、薄いもの・厚いもの・短いもの、色々あるので短いようでしたら継ぎ足しするので全然OK。

 

串で刺して固定できるし、焼いているうちにくっ付きます。

 

 

 

 

 

串に刺して格好が良くなる長さにカットしていきます。

 

 

 

 

串に刺していきます。

 

難しそうですが慣れるとポンポン刺すことが出来ます。

 

串をまな板に平行に沿わせるように刺します。頭ではわかっていても最初はうまくいかないかも知れませんがすぐに慣れます。

 

 

 

 

 

好きな塩コショウを振ってくれ!ハーブ入りでも良いですね。今日はただの塩コショウを使いました。

 

 

 

 

焼くときまでタッパーに入れてしまっておきます。

 

 

 

 

 

 

脂が落ちてイイ感じです。

 

 

 

 

出来上がりです。生の段階で、塩コショウは強めに振っておくと良いです。

 

焼いているうちに脂と一緒に落ちます。

 

 

 

焼き鳥とかコレとか「串焼き」が作れると家族が、

 

おおお!!

 

となるので、マスターしとくと良いです。

 

[aside type=”boader”]

串焼き変わり種

鶏手羽先肉の開き方・串の刺し方 めんかの毎日が自由研究

鶏レバー・ハツ・ハツモト 3種類の焼き鳥 めんかの毎日が自由研究

[/aside]

 

 

庭のアスパラガス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました